糖尿病食で食事ストレス解消~通販活用でデリシャスな病食を購入~

笑顔

薬に頼らない病気の治療法

看護師

栄養補給による病気の治療

病気を治療する方法で一般的に行われているのは、医薬品を使った薬物療法である。医薬品の進歩によって、さまざまな病気が治療できるようになっているが、医薬品には副作用があり、薬害による被害も発生している。栄養療法は薬に頼らない病気の治療法である。病気の治療にはサプリメントを使用するため、医薬品のような副作用は一切なく、安全性が非常に高いことが特徴である。栄養療法は医師の指導で行われる医療行為であり、医学的な根拠に基づいた治療法である。栄養療法は血液検査などのデータに基づいて、病気の治療に必要な栄養素と量を解析する。不足する栄養素はサプリメントで補給して病気を改善する。悪性腫瘍やアトピー性皮膚炎の患者に対しては、高濃度のビタミンCを点滴するなどの方法も用いられる。

病気の治療法の今後の動向

これまでの病気の治療法は、薬物療法や外科手術が中心であった。最近は医薬品や外科手術に頼らない新しい病気の治療法が確立されており、栄養療法で病気を治療する人の数は増えてきている。栄養療法は、血液検査などの検査結果のデータに基づき、医師が処方したサプリメントを摂取する病気の治療法である。医学や栄養学に基づいて医師がサプリメントを処方するため、病気の治療に役立つサプリメントを摂取できる点が大きなメリットである。栄養療法は安全性に優れた療法であるため、栄養療法を病気の治療に取り入れる医療機関は増えている。サプリメントの健康効果は広く認知されているため、今後も栄養療法を行う医療機関は増えると予測される。